一般事業主行動計画

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

1.計画期間
平成27年4月1日~平成32年3月31日までの5年間
2.内容
目標1
乳幼児検診や入園式、入学式、卒業式などの学校行事等への参加に要する日、時間について、特別休暇の対象とする。
対策
  • 平成27年4月~対象行事の決定、規程の整備、職員への周知
  • 平成28年4月~制度の導入
目標2
子どもが保護者である職員の働いているところを実際に見ることができる「子ども参観日」を実施する。
対策
  • 平成27年4月~検討会の設置
  • 平成27年9月~法人LANなどによる職員への参観日実施についての周知
  • 平成28年4月~参観日の実施、職員へのアンケート調査、次回に向けての検討
目標3
期間雇用者を含む全社員の年次有給休暇の取得率を50パーセント以上にする。
対策
  • 平成28年4月~年次有給休暇の取得状況を把握する
  • 平成28年9月~計画的な取得に向けて管理職研修を計画期間中に行う
  • 平成29年4月~各部署において年次有給休暇の取得計画を策定する
目標4
平成30年4月までに、所定外労働を削減するため、ノー残業デーを設定、実施する。
対策
  • 平成29年4月~職員へのアンケート調査
  • 平成29年9月~各部署毎に問題点の検討
  • 平成30年4月~ノー残業デーの実施、管理職への研修(年1回)及び法人LANによる職員への周知(常時法人LANにて掲示)