お知らせ
新型コロナウィルス感染症に関するお知らせ(第十五報)

2022年8月16日

8月12日までに48名の入院患者さまと39名の職員(医師、看護師、介護福祉士、ヘルパー)が陽性と判定されておりました。

前回の報告以後、本日までに2名の入院患者さまと2名の職員(看護師)が新規に陽性と判定されました。入院患者さまは病室にて隔離させて頂いていますが、症状の悪化は認めてはおりません。職員は自宅にて療養して頂いております。

陽性と判定された入院患者さまの症状改善および隔離措置の解除も進みました。

本日昼の時点で、隔離を継続されている陽性患者さまは7人のみとなり、そのうち5名は今週末までに病室隔離が解除される予定です。

先週末から新規の入院患者さま、および救急外来での救急患者さまの受け入れを平常通りに再開させて頂いております。

札幌市保健所の確認および近隣の新型コロナ感染重点医療機関からの指導をもとに、感染の再拡大を防ぐべく、引き続きの感染防御体制を徹底してまいります。

入院中の患者さま、御家族を含めました関係者の皆さまには大変な御心配と御迷惑をお掛け致しておりますが、何卒よろしく御理解のほど御願い申し上げます 。

続報につきましては判明し次第、報告申し上げます。

医療法人秀友会 札幌秀友会病院
院長   安斉 公雄