お知らせ
新型コロナウィルス感染症に関するお知らせ(第十八報)

2022年11月4日

2022年9月1日に、7月21日より発生した新型コロナウィルスによる院内感染の終息を報告致しました。

11月2日に1人の入院患者さまが熱発され、PCR検査の結果、陽性と判定されました。

直ちに病室にて隔離措置とし、投薬治療を開始しており、症状の改善を認めております。

先だって、同じ病棟内の看護師1名がPCR検査で陽性と判定されておりました。

その後、陽性患者が増加し、現在までに合計5人の入院患者さまの陽性判定が判明しており、みなさま病室内での隔離措置としております。

現在のところ、外来診療、救急診療は従来通りに継続しておりますが、前回の院内感染時のように、今後の救急診療に影響が出る可能性があります。追加の情報は追って報告申し上げます。

現在入院中の患者さまおよび御家族の方々、受診予定の患者さまなどには大変御心配、御迷惑をおかけしており、眞に申し訳ありません。

今後も速やかに情報の開示を行わせて頂きます。

引き続き、感染管理の徹底、感染拡大の防止に努めてまいりますので御理解と御協力を御願い申し上げます。

医療法人秀友会 札幌秀友会病院

院長   安斉 公雄