お知らせ
  • ホーム
  • お知らせ
  • 新型コロナウィルス感染症に関するお知らせ(第二十三報)
新型コロナウィルス感染症に関するお知らせ(第二十三報)

2022年11月28日

前回報告致しました11月22日までに、26名の入院患者さまと5名の職員が陽性と判定されておりました。

昨日までに、新たに12人の患者さまと9名の職員(医師、看護師を含む)が発熱、咽頭痛などの症状を訴え、PCR検査にて陽性と判定されました。

現在までに合計で38名の入院患者さまと14名の職員が陽性と判定されております。

陽性と判定された入院患者さまは、抗ウイルス薬を含めた投薬、点滴などの治療にて症状は落ち着いております。

38名の陽性患者さまのうち19名の患者さまは、既に病室での隔離療養期間が終了し、一般病室に転出、もしくは退院されております。

陽性と判定された職員は自宅にて療養中であり、隔離療養期間が終了した職員は復職しております。

現在、外来診療および救急外来での患者さまの受け入れは平常通りに行っております。

引き続き、感染拡大を防ぐべく徹底した管理体制を継続してまいります。

入院中の患者さま、御家族を含めました関係者の皆さまには大変な御心配と御迷惑をお掛け致しておりますが、何卒よろしく御理解のほど御願い申し上げます 。

続報につきましては追って、報告申し上げます。

医療法人秀友会 札幌秀友会病院

院長   安斉 公雄