外来受診される方
ペインクリニック
「痛みの診療所」ペインクリニック

「ペインクリニック」という言葉は「内科」や「外科」などに比べると聞きなれない言葉かもしれません。

「ペインクリニック」を直訳すると「ペイン」=「痛み」という意味ですので「痛みの診療所」を意味します。しかし、痛みのある疾患だけが対象というわけではなく、赤面症や麻痺など痛み以外の疾患に対しても診療を行います。

 

そういったあらゆる痛みなどの疾患にお悩みの方を対象に「神経ブロック法」を用いて診断・治療をさせて頂き、症状のいち早い改善を望んでおります。

神経ブロックとは

神経ブロックとは、皮膚から注射針を通して、神経に直接、又は神経の近くに薬液を注入して、神経の興奮伝導を遮断してしまうことです。

神経を遮断すると聞くとあまり良い印象ではないかもしれません。しかし、遮断する方法として一時的に遮断する方法と、長期にわたり遮断する方法があり、それぞれ使用薬液を使い分けて行うので心配は一切いりません。又、遮断された神経は必ず元に戻りますのでご安心下さい。

神経ブロックを行うことによって痛みの悪循環(痛みが交感神経・運動神経を刺激し血行が悪くなり、酸素の不足や代謝産物の蓄積を招き、更なる刺激の強い痛みを誘発すること)の経路を遮断します。始めはそれほど大きな痛みではなかった部位が徐々に痛みが増してくるという経験を誰もがしたことがあるかと思います。それは先に挙げた「痛みの悪循環」によるものです。

このような痛みの悪循環を神経ブロックにより断ち切り、更なる痛みの誘発を抑制します。繰り返し治療を行う事で痛みは感じなくなり治療の目的は達成されます。

ペインクリニック対象疾患
  • 痛みを伴う疾患
    • 帯状疱疹
    • 頭痛
    • 顔面痛
    • 肩こり
    • 首、胸の痛みとしびれ
    • 肘の痛み
    • 肋間神経痛
    • 腰痛
    • 坐骨神経痛
    • 膝の痛み
    • 足のしびれ、痛み
  • 痛み以外の疾患
    • 顔面痙攣
    • 顔面神経麻痺
    • 冷え性
    • アレルギー性鼻炎
    • 赤面症
    • 自律神経失調症
    • 更年期障害
    • 気管支喘息
    • 多汗症
    • 突発性難聴

上記に挙げた疾患は一部のものです。体の痛みでお悩みの方は一度受診されますことをお勧め致します。