外来受診される方
循環器科治療

循環器科として、労作性狭心症を伴う冠動脈疾患や、間欠性跛行症状伴う下肢動脈の狭窄等のカテーテル治療をメインに、ペースメーカー植え込み術など高度徐脈・失神発作を伴う不整脈に対する加療も行っています。

血管外科としても、症状を有する下肢静脈瘤に対し術中術後の疼痛を少なくする様にTLA局所麻酔併用で全身麻酔下にストリッピング手術を行っています。

外来では、専門である心臓血管外科を中心に、心臓弁膜症による慢性心不全、高血圧症、脂質異常症、糖尿病等幅広く診察させて頂いています。

何か気になる症状がありましたら、我慢せずに早期の受診をお願い致します。