札幌秀友会病院 リハビリテーション
歩きたい
action01_img06.jpg

様々な道具を活用した歩行練習

「もとのように歩けるようになりたい!」多くの患者さんが希望されます。
脳卒中などにより足が不自由になると、歩行練習の最初の頃は、身体のあらゆる部分を最大限に発揮しようと精一杯となります。理学療法士はこのような非効率な部分を詳細に分析し、障害に応じた歩行能力の獲得という目標を設定します。現在当院では症状に応じてロボットや補装具等を装着、調整しながら身体機能を最大限に発揮してもらい、様々な日常生活動作能力向上の波及効果を目指しています。

HAL®(Hybrid Assistive Limb®)による運動の学習
HAL®自立支援用下肢タイプPro・HAL®腰タイプ 自立支援用

HALは装着した人の「動きたい」という「意志」と連動して動く革新技術で、身体に装着して、立ち座りや歩行を支援するサイボーグ型ロボットです。

当院では、2012年6月から道内脳神経外科で最初に導入し、主に脳卒中や脊髄損傷等で歩くことが困難の方に使用しています。「立ち上がろう、歩こう」という「意志」をHALが読み取り、体を支え、脚を前に振り出すこと支援し、残された力を引き出してくれます。

更に、2019年からは、下肢や脊柱の骨折等「立ち座り」が困難な方には、体幹・下肢運動をアシストする腰タイプ自立支援用も使用しています。装着して体幹動作や立ち座り動作を繰り返すことによって身体そのものの機能向上を促し、HALを外した状態での自立度を高めることを目指しています。

action01_img02.jpg

HAL®自立支援用両下肢タイプ

HAL®腰タイプ自立支援用
免荷式歩行トレーニング
免荷式歩行トレーニングシステム(BWSTT)・免荷式リフト(POPO)
BWSTTのシステムは歩行が不可能な方であっても、ハーネスで身体を上方に牽引し、理学療法士が足の振出しを補助して、トレッドミル上で繰り返し振出しを行うことが可能となります。ご自身の力での振出しが不可能な片麻痺者の方でも使用可能であり、繰り返し行うことが実現できるため、運動機能の回復が期待されています。
免荷式リフト(POPO)は、場所を選ばすリフト機能で身体を吊り上げ、どのような対象の方でも、下肢にかかる体重の負荷を軽減しながら歩行訓練を実現できます。ハーネスが身体をしっかりと保持し、バランスを崩しても転倒のリスクが軽減されます。また、BWSTTやPOPOは、ロボットスーツHALや下肢装具との組み合わせによる効果も期待でき、当院では積極的に活用しております。
action01_img04.jpg

免荷式歩行トレーニングシステム
免荷式リフト(POPO)

下肢装具療法

筋電図や加速度計等のセンサーを利用した適切な障害像の把握を踏まえ、装具カンファレンスで代償が必要な関節部位と制御方法を検討し、ロボットスーツHAL練習や治療用下肢装具療法を行います。更に必要性に応じて、退院後に使用する下肢装具の作成を行っています。

action01_img06.jpg
下肢装具相談(ブレースクリニック)
action01_img07.jpg

各種不適合

下肢装具は、残存機能を最大限に発揮し、移動等の安全な日常生活動作を支援するための道具です。適切に装具を使用することが安全・快適な生活を送ることにつながります。
装具の破損・摩耗・右写真のような不適合のご相談については、毎週水曜日午後13時00分のブレース・クリニックで対応しております。詳しくは下記の「装具のしおり」、またはコールセンターまで、お問い合わせください。

相談窓口コールセンター
  • 患者専用0120-024-363
  • 電話番号011-685-3500