ご挨拶

理念
急性期医療から在宅療養まで
人間の命と健康の擁護者としての誇りと使命感を持ち
地域の皆様に良質で幅の広い医療・福祉・介護サービス
を提供することにより、地域社会に貢献いたします

理事長 藤原 秀俊

院長 白崎 修一

札幌秀友会病院は、脳神経外科、神経内科、リハビリテーション科の専門病院として1988年札幌市西区(現手稲区)に開院しました。札幌市手稲区・西区・北区や石狩市・小樽市等の救急医療を担っております。

当法人は、従来からの脳神経外科病院としての機能(脳卒中や頚部疾患の救急医療や手術)に満足することなく、救急入院当初から一人一人の患者さんに対し、医師・看護師・リハビリスタッフ・医療ソーシャルワーカー等が十分に連携をとり、社会復帰・家庭復帰を考えた、継続した治療や看護を行っております。
その「急性期医療から在宅療養まで」の一貫した医療を行うために、急性期医療・術前術後管理・リハビリテーションを3本柱とし、医療技術の向上・地域への貢献・在宅医療を目標に取り組んでまいりました。
1988年の開院直後より訪問看護、急性期リハビリテーションを行い、更に翌年の1989年より訪問リハビリテーションを行っております。また、在宅生活をよりいっそう有意義に過ごせる様に、関連施設のいしかり脳神経外科クリニックでは通所リハビリテーションを行っております。
2007年7月より、当別町に介護老人保健施設 愛里苑を開設いたしました。