外来受診される方
腰椎すべり症(変性、分離)
腰椎すべり症

椎体と椎体がずれることで、変性して突出した椎間板、及びずれた椎体の後方の骨縁などにて馬尾神経、神経根などが圧迫される状態をすべり症といいます。

通常、腰椎にて発生することがほとんどなので、腰椎すべり症と呼ばれます。

腰椎が前後にずれて不安定になる事によって、腰痛、下肢痛、下肢のしびれ、歩行困難などを生じます。すべり症による腰椎の不安定性により、不自然な腰部の姿勢、特に前屈位(洗顔、洗髪、掃除機をかけるなどの前屈みの姿勢)にて腰痛が悪化する場合には腰椎すべり症が発生している可能性があります。


腰椎変性すべり症

加齢などによる椎間板の変性、椎間関節部周囲の靭帯、筋肉の緩みなどにて椎体および椎間関節部にずれが生じて、上下の椎骨がずれている状態を変性すべり症といいます。閉経後の女性に多い傾向を認めます。


腰椎分離すべり症

一方、先天的な関節突起間部の骨癒合が不完全である場合や、思春期の骨成長期における過度な運動の継続による椎間関節部への動的ストレスによる関節突起間部の疲労骨折の治療が不完全であった場合など、関節突起間部の骨連続性が絶たれている状態を腰椎分離症といいます。加えて椎間板や椎間関節部周囲の靭帯、筋肉が緩んでくることですべり症が発症している状態を分離すべり症といいます。


治療方針を決定するためには、単に椎体がずれている状態を滑り症と診断するだけではなく、変性すべり症なのか分離すべり症なのかをきちんと診断する必要があります。

すべり症も長期間が経過して椎間板が完全にすり減ってしまい、不安定性が無くなってしまうと腰痛は軽くなってしまう事があります。しかし、腰椎がずれる事によって神経が圧迫されている場合には、不安定性が消失しても神経の圧迫状況には変化は無いために下肢のしびれ感などの症状も改善しません。

軽度の腰痛程度であれば腰部の外固定(腰痛ベルトやコルセットなどによる)にて症状の改善が見込めますが、すべり症の程度が強い場合や下肢の症状が強い場合には外科治療が必要となります。すべり症の程度が軽い場合には神経の圧迫を取るだけの手術(減圧術)で済む事もありますが、病状が進行している場合には減圧術に加えて不安定な腰椎間を固定する手術(固定術)の併用が必要になる場合があります。

  • 腰椎すべり症(変性)73歳女性

    第3、4腰椎間にて椎体にずれを認め、脊柱管狭窄症を伴っている